スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンカフェパート3、そしてレッドディザイアの取捨は

再三言いますが以下妄想です。血統論者の方々ごめんなさい


種牡馬としてのマンカフェは、
少頭数、スロー、重馬場、外枠、外回り(大回り)コース
とかで「大抵は」買いなイメージ。(流れによる)

マンカフェ自身と違うのは、超スローの我慢比べで
究極の瞬発力勝負になるのはあまりよろしくない感じがする。
それはそれで忍耐力を必要とするからでしょうか。
適度にすんなり流れるほうがいい気が。

これはgdsmileu的に言わせれば
全てマンカフェの「素直で前向きな気性」によるもので、
マンカフェ自身は「折り合いと瞬発力」という形で、
産駒は「揉まれなければ力を発揮しやすい」という形で
それが表面化しているんだということです。
上の買い材料は力を発揮しやすい条件というわけです。


で、リーディング争い出来るとは思ってなかった件について。

理由1:スピード足りないと思ってた
これは母系の力を引き出すサンデー系なだけに
たいてい母系のスピードをうまく生かしてる印象。
よく言われるのが、
ブラッシンググルーム-ナスルーララインのクロスとか。
あんまり血統のこと言うとつっこまれるからやめとくけど。

理由2:上級レースできついと思ってた
基本弱い相手に強く、格上には踏ん張りのきかないタイプ
だと思ってたので。
でも、若いうちは格上相手でも健闘したりする。
特にキャリア浅いほうがいいイメージ。
若いうちはまじめにひるまず頑張っちゃうってことかな?
(説得力ない・・・)
逆にキャリア積んでくると、
ここで頭打ちってのがわかりやすくなる。
マンハッタンスカイとかメイショウレガーロとか
見るとわかりやすいですよね。

理由3:晩成だと思ってた
意外と仕上がり早が多い。体格の割には。
これに関しては母系主導で決まるのかもしれんね。
逆に、古馬になってもう一段階覚醒、ってことが
ない気がするから、
少なくともいわゆる大器晩成タイプではないかな。

というわけで、マンカフェプギャー予測は
もろくも崩れ去ったというのが現状です。


というわけで、今週の秋華賞。
2番人気必至、マンカフェ産駒レッドディザイアは
果たして買いなのか消しなのか。

次回やります。日曜午前中までにはできるかと
(やーっとここまで来た・・・)

コメント

非公開コメント

リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
スカウター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。